代表者インタビュー

質問1 刑事弁護では素早い対応が肝心だと聞いたことがありますが,これはどのような理由からなのでしょうか。

通常,刑事事件において,警察官や検察官との対応に慣れている方は多くなく,その対応を誤ってしまうことも少なくありません。そのため,早期に弁護人が入ることで,対応を適正に行っていくことが期待できます。

また,被害者の方がいる事件においては,早期に被害者の方と示談交渉等を行うことで,そうした交渉の結果を刑事処分に反映させられる可能生が高まります。

このように適正な刑事手続きを確保するためにも,刑事弁護では素早い対応が肝心といえるのです。

質問2 最初の質問に関連するかもしれませんが接見について教えてください。逮捕・勾留された場合,家族といえども,自由に面会できないのでしょうか。弁護士はどのような場合でも接見が可能のようですが,接見はその後の弁護活動にどのような意味を持ちますか。

逮捕・勾留をされてしまうと,ご家族といえども面会の時間や回数が限られ,また,その面会中も留置施設の職員が立会うため,事件の内容について詳細を話したりすることは制限されてしまいます。さらに,事案によっては,接見禁止といって,弁護人以外の者との面会が認められない決定が,裁判官により出されてしまうこともあります。

これに対し,弁護人の接見に関してはそのような制限がありませんので,逮捕・勾留されてしまったご本人と誰の立会いもない中で,十分な時間を取って事件や刑事手続きについて話をすることができます。

このような弁護人との接見は,ご本人が取調べ等の捜査に対して注意すべき点を確認し,その後の手続きの見通しなどを理解する上で,極めて重要な機会となります。

また,ご家族にとっても,弁護人の接見を通じて,事件の内容やご本人の様子などを聞くことができる場合があり,ご家族の不安な思いを軽減させることにもつながります。

質問3 御事務所にご相談されるのはどのような方が多いですか。被疑者のご家族などでしょうか。

やはり一番多いのは,ご本人が身柄を拘束されてしまった後に,被疑者のご家族からご相談をいただくことが多いです。ただ,被疑者のご友人の方からご相談を受けることも時折あります。

それから,身柄を拘束されていない場合に,ご本人から直接ご相談を依頼されることも,比較的多くあります。 

質問4 最後にこのホームページを見て御事務所にご相談をしようと思っている方に,一言ご挨拶をお願いします。

刑事事件は多くの方にとってわからないことが多いため,対応を誤ってしまい不適切な結果につながるリスクが高いです。そのため,できるだけ早期に刑事手続きに通じた弁護士に相談をすることが重要です。

また,刑事手続は時間が勝負となることも多く,機動的に弁護活動を行うことのできる弁護士に依頼をするべきです。

当事務所は,地域に根ざし刑事事件の経験が豊富な弁護士が,複数人で弁護活動を行う体制を整えております。

刑事事件で不安を感じられている方は,ご遠慮なくお問い合わせいただけたらと思います。

予約専用受付

0280-21-1551

相談受付時間 平日 9:00~21:00 土日祝日 9:00~21:00

ご予約で夜間も相談対応いたします。

相続相談弁護士サポート 離婚相談弁護士サポート 交通事故相談弁護士サポート 債務整理・自己破産相談 弁護士サポート その他の法律分野は事務所HPへ 弁護士法人 古河法律事務所
茨城県古河市中央町一丁目10番30号
TEL: 0280-21-1551